外出先や自宅でWiFiを使いたいのなら…。

WiMAX2+の売り上げ増大キャンペーンとして、高額のキャッシュバックをしているプロバイダーが何社か存在しますが、キャッシュバックを謳っていないプロバイダーも見受けられますから、意識しておきましょう。

「WiMAX」「格安sim」「ワイモバイル」の3種類を購入対象にして、それらの利点と欠点を押さえた上で、利用状況に見合ったモバイルルーターをランキング形式でご披露させていただきます。

WiMAX2+をセールスしているプロバイダーの毎月毎月の料金(2年契約期間満了日までのキャッシュバックも考えた合計金額)を比較した結果を、安いプランを提供しているプロバイダーから順にランキングの形でご覧に入れます。

「月額料金」・「速度制限の有無」・「データ通信容量」・「サービスエリア」という4つの項目で比較をした結果、誰がセレクトしたとしても納得できるモバイルWiFiルーターは、何と1機種だけというのが現実でした。

WiMAXモバイルルーターは、種類が諸々あるのですが、1種類ごとに盛り込まれている機能が違っています。このページでは、ルーター毎の機能だったり性能を比較一覧にしていますので、ご覧ください。

外出先や自宅でWiFiを使いたいのなら、モバイルWiFiルーターがないと話になりません。現在注目を集めているWiMAXとワイモバイルを詳細に比較してみたので、モバイルWiFiルーターを探しているようなら、参考にしてみてください。

毎月毎月のデータ通信の上限がないWiMAX“ギガ放題”の各種料金を、すべてのプロバイダーを対象に比較して、安い料金順にランキング形式にて並べてみました。月額料金だけで選択すると後悔することになります。

NTTドコモであったりY!mobile(Yモバイル)にてルール化されている速度制限が行われることになりますと、下り速度が128kbpsという数値になってしまうのですが、この速度では、画像をたくさん使っているサイトのトップページを開くのみでも、25秒前後は取られるでしょう。

ポケットWiFiについては、月間に利用することができる通信量とか電波の種類が違いますので、使い方によって選択すべきモバイルWiFiルーターも違うのが普通だと言えます。

WiMAXの後継版という形で登場してきたWiMAX2+は、従来版の3倍もの速さでモバイル通信が可能です。しかも通信モードを変えることにより、WiMAXとWiMAX2+は勿論、au 4G LTEも使用可能なのです。

LTEと同等の高速モバイル通信が可能なWiMAXという通信規格も注目されています。おおよそノートパソコンなどで使うという人が多く、「時間や場所に関係なくWiFi高速通信が可能」というのが最大のメリットになっています。

「WiMAXを可能な限り安い料金で満足いくまで使ってみたいけど、どのプロバイダーと契約した方が良いのか見当がつかない」とおっしゃる方に向けて、WiMAXを提供しているプロバイダーを比較したWiMAX専用ページを開設しましたので、よければ閲覧してみてください。

モバイルWiFiをどれにするかを1か月間の料金だけで判断してしまいますと、酷い目に会うことがほとんどですから、その料金に視線を注ぎながら、それ以外にも留意しなければならない項目について、一つ一つ説明させていただきます。

具体的にWiMAXとワイモバイルという評価の高い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみたところ、上位機種においての下り最大速度を除いたほとんどの項目で、WiMAXの方が優れていました。

WiMAXモバイルルーターについては、携行できるように作られた機器ですので、ポーチなどに容易に入れることができる小型サイズということになっていますが、使うという時は前もって充電しておくことが要されます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です